人気Tシャツ争奪が過熱しすぎ!我も我も・・・で店破壊(19/06/04)

中国のユニクロで3日に販売が開始されたTシャツに客が殺到しました。争奪戦によって店の一部が壊れるなどの被害が出ています。 ショッピングセンター内を猛ダッシュで駆け抜ける人。スマホらしきものが吹っ飛んでいますが、気にする様子もなく全速力で疾走していきます。いよいよ開店。走って入ってくるかと思いきや、何とそれさえも待ちきれず、シャッターの隙間をくぐり抜けてきました。その客らが突進していったのはTシャツの棚です。あまりの勢いに棚ごとどんどん押し込まれていきます。 激しい争奪戦になっているのは、中国のユニクロで販売が開始されたアーティスト「KAWS」とのコラボレーションTシャツです。販売価格は日本円にして大人用で1枚約1500円、子ども用で約1200円です。人気の商品ということもあり、オークションサイトでは倍以上の値段で出品されています。転売目的で来店した客も複数、含まれていると思われます。しかしながら、必死さのあまり、ユニクロの店舗には被害も出ています。 こちらは、無理やり潜り抜けたからなのか、お店のシャッターが破損してしまっています。マネキンが着ているTシャツを脱がせようとして、何と腕をもぎ取ってしまう人まで。しかし、それでもTシャツは諦めません。台の上に土足で上がっています。よく見ると棚の下には無残にもマネキンの腕が散乱しています。店舗前では小競り合いまで発生してしまいました。インターネット上の投稿によりますと、わずか5分で店頭のTシャツはすべてなくなり、オンラインストア上でもすぐに売り切れとなってしまったということです。今回の騒動にはウェイボーでも多くのコメントが寄せられています。 しかし、実はこのコラボTシャツのフィーバーは中国だけではないんです。すでに販売されているアメリカでもオンラインストアを見てみると、真ん中に大きくキャラクターが描かれたデザインのTシャツがすべてのサイズで売り切れになっています。そして、ネットオークションのサイトでは日本円で5000円程度で出品されています。日本では、このKAWSとのコラボレーションTシャツは7日に発売されるということです。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp